受験科目で小論文があるけど・・・

 

○何を書いたらいいのかわからない

○どう考えればいいのか分からない

○どう書いたらいいのか分からない

 

 という悩みをお持ちのあなたへ

 

 

 

 

 時間が無い上に小論文が分からないという悩みを抱えたあなたに短期間で点数を上げることを目的にした塾があります。書き方、考え方、背景知識の3つの力がガッチリ身につく授業を行い、塾の代表者の牛山が知識と経験の少ないアルバイトに添削を任せずに、一人一人丁寧にサポートして合格に導く小人数制の塾が文和会です。

 

 あなたは何のために試験を受けますか?あなたが試験に合格した時に喜んでくれるのはどんな人でしょうか。私は、仕事を通じて、喜ぶ人を見たいと思っています。 これから真剣に自分の未来の為にがんばりたいと思っているあなたのために、いい加減な説明ではなく、詳細な説明をこのページで行います。そのため長くなりますが、細かい点を詳しく知りたい方はぜひお読みください。このページを読むだけでも点数が上がります。

 

 

 文和会が他の塾よりも劣っている点があるとすれば、それは、通信制だという点です。通信制ですので牛山と直接会う機会が減ります。 ところが、牛山に会うことができないから、問題が発生するということはほとんどありません。あなたは質問はできる上に、より一層丁寧に質問に答えることすら可能なのです。逆に言えば、通信制だからこそ、以下にご紹介するようなメリットもあります。 これから小論文の通信添削塾文和会の特徴とメリットをご紹介します。

 

 

 

 

 

その理由は一つではありません。以下のような理由があります。

 ・書き方や考え方を学ぶので成績が急上昇する可能性がある。逆転合格の可能性を引き上げることができる。

・アルバイト(学生、主婦)の未経験の人に添削してもらうリスクを避けることができる。

・最も丁寧な個別サポートを受けることができて、疑問を解決することができる。

・優先的にサポートを受ける権利を確保できる。

・小論文が難関の慶應合格率を引き上げることを期待できる(もちろん国立も合格実績が多数あります。)

・思考方法を鍛えることができて、思考レベルは大学院レベル、世界最高レベルの思考方法を確保する可能性を期待できる。

・自分も考える力を大きく引き上げることを期待できる。試験本番で考えることがやりやすくなる。

・近年頻出の対話型問題に強くなる、採点者の心を打つ答案を作りやすくなる。

・考える質を一定のレベルで確保しやすくなる。

・移動時間を使って、小論文の知識を使える形で適切に確保しやすくなる。(スマホ対応授業のみ)

・小論文の知識を頭に入れる時にどのように入れればいいのかを適切に教えてもらう事ができる。

・自分も短期間で大きく実力を引き上げることを期待できる。

・より細かいニュアンスをきちんと学び、理解して実力をつけることを期待できる。

・東大レベルの問題であっても実力養成を期待できる。(東京大学大学院の合格実績あり)

・俗にいう逆ステマを見抜く力を養成、自分の実力養成を期待できる。

(評判操作のネットの違法書き込み・違法行為の事を俗にいう逆ステマと言います)のであなたの判断を狂わせ、あなたの人生を妨害する行為から身を守る術を身に着けることが期待できます。

・時間をかけずに、実力をつけることを期待できる。

・国立大学受験生でも、対応できる。(京都大学や、東京大学大学院の合格実績あり)

・小論文で大きく点数の引き上げに関わる論理について細かく指導を受けることで点数が大幅に上昇することを期待できる。

・難関試験の受験であっても対応できる。

・試験当日に困らない事を期待できる・高い点数の小論文を書くことができるようになることを期待できる。

・試験本番でアイディアが湧きやすくなる。 スラスラ書いて、時間内に安全に答案を作る事をやりやすくなる。

・全く今実力が無くても、授業を一度も受けたことが無かったとしても、安心して取り組むことができる。

・どこの大学であっても、文系理系問わず、合格できることを期待できる。

・理解しやすい、ストレスが溜まりにくい。

・講師がガチンコで問題を解くので、現実にどのようにやればいいのかを把握できる。

・どんな問題が出たとしても、常に対応することができるようになる。(100回大学院で論文製作をした経験に基づいて指導)

・最終的に試験当日に落ち着いて試験を受けることができる。

・考え方を教えてもらうので、スラスラ発想する手順を身に着けやすくなる。

・高速学習に強い牛山が、小論文の勉強法を細かく個別指導することも可能なので小論文の良い勉強法が身につく。

・文章の読み方の指導があるので、英語や現代文の点数が上がりやすくなる。

(パラグラフリーディングやその他の読解方法を牛山が伝授)

・国内トップ校を受験する受験仲間と、夏や冬に強化訓練を実際に集まって行うことがあるので、直接会って小論文のレッスンを楽しくやることもできる。(大好評の集団レッスンがあります。)

・読解力を引き上げる事を期待できる。→文和会ではワークショップや授業を通じて読み方の指導があります。

・論理的思考能力を強化できる。

 

 試験会場であなたの点数は決まります。しかしその試験会場でどれだけの点数になるかは、その時までに行っていた準備で決まります。

 

 

 

 試験会場で問題用紙が配られた時、緊張の瞬間です。その問題用紙をめくった時に、その問題文がよく理解できて、なんだ・・・簡単に感じるな・・・そのように感じられ、スラスラと発想できて、次から次に書くべきことが頭に浮かんでくる・・・そういう状態になるのが理想です。

 

 そしてその時に論理的に文章をまとめることができて、説得力がある文章になる・・・

 

 あなたの答案を見た採点官が、(うん、これはよく書けている)と感じて高い点数をつける・・・こういう状態になるにはどうすればいいのでしょうか?

 

 図式化するとこのようになります。

 

 

 

 

スキルアップの専門家が、短期間で大きく成績を伸ばす授業を、0から丁寧に、書き方、考え方、背景知識の3点からガッチリやるのは、唯一文和会だけ

 

 文和会の違いは何でしょうか。たくさんありすぎてよく分からなくなってしまった人もいるかもしれません。文和会の違いは、講師が専門家であり、書き方、考え方、背景知識の授業を丁寧にやることです。小論文は、一般的には、単に知識を書きさえすれば点数がもらえると思われていますが、そんなことはありません。 ある有名大学の採点基準でも、採点基準は内容点、構成点、表現点、発想点となっており、知識点というものは用意されていません。知識はあれば役立ちますが、小論文試験では、もっとも大事に思われているものではないのです。

 

難関試験ですら合格者多数の実績

 

 文和会の特徴は、あなたが望むレベルに上限が無いことです。東京大学大学院の合格者すらいます。ですから、あなたがどんな試験を小論文試験で受験するにせよ対応可能です。

 

必要な場合に限り、手書きの添削の量をはるかにしのぐ量の添削指導を音声で懇切丁寧に行います。

 

 文和会では、手書きの添削の量をはるかにしのぐ量の添削が行われることがあります。添削者が音声で回答することがあります。場合によっては、20~30分の時間をかけて、丁寧にあなただけの為に、代表者である牛山が自ら音声で回答します。

 

オンライン&DVD講義なので、何度も復習することができる

 

 オンラインの授業と、DVD講義なので、分からないところだけを何度も復習することが可能です。移動中やちょっとしたスキマ時間を使って勉強することが可能です。あなたが忙しくても、他の科目の勉強でなかなか小論文に時間を割くことができなかったとしても、勉強をやりやすくなるでしょう。DVDは、あなたが倍速再生できるDVDプレーヤーを持っている場合は、倍速で受講することも可能です。

 

どうしても困ったら電話相談もできる 志望校別(過去問題)も可能

 

 小論文でどうしても困ったら電話相談もできます。小論文の質問でかなり細かい質問をしたくなったら、塾生であれば相談可能です。自分の持っている過去問題の問題文を一緒に見るということも可能です。

 

大学院で考える力を研究した牛山だからこそできること

 

 どういう人の考える力が低くなり、どういう人の考える力が引きあがるのかについて、牛山は独自の研究を行っています。考える能力を引き上げる道は明確に存在します。いくつもの重要なポイントを押さえて、あなたの力を引き上げます。

 

 

 

 

 

以下の点を確認してみてください。今すぐにあなたの不合格の種となる考えを修正できる可能性があります。

 

 ・ほとんどの人の小論文は、50点前後であるということをご存じでしたか?

・多くの人は、ネタを仕込めば点数がそれだけで高くなると感じていますが、そんなことはないということをご存知でしたか?

・格調高い、難しい感じで書かれている文章の点数が高いと思われている節がありますが、そんなことはないということをご存知でしたか?

・自分の学部別の対策こそが大事だと思われていることがありますが、そんなことはないということをご存知でしたか?

・自分の志望校専用の対策こそが大切だと思っている人が多いですが、それは違うということをご存知でしたか?

・小論文は得意だと思っている人が点数が低い傾向があることをご存知でしたか?

・小論文の書き方は一定の型を使いさえすればいいという考えが危険であることをご存知でしたか?

・譲歩構文(確かに~しかし)を使うと危険なケースをご存知でしたか?

・譲歩構文(確かに~しかし)がビシッと決まればうまく機能しますが、学生の答案は8割がた間違った使い方をして大減点につながっていることはご存知でしたか?

 

 さらに詳しくはメルマガ会員の方には動画で解説しています。動画を見たい方は以下のページでご登録ください。

http://maishu.kir.jp/base/sixyouron/sr-2/index.html

 

 

 

 

 

 

 

慶應大学総合政策学部合格 間瀬 海太さん

 

高校生活も充実していたし、これからの大学での生活も合格があればこそなので、そのきっかけを支えてくれたディジシステムに感謝しています。小論文技術習得講義は、分かりやすかったです。慶應小論文合格バイブルを読んで、マインドがどのように小論文を書く時に関係してくるのかが分かりました。慶應大学を受けるなら、慶應大学絶対合格法と合わせて読むといいと思います。一番最初は書き方が分からなくて、DVDを見てみると、何が典型的な間違いなのか、初めての人は、ここからやっていけばいいなどのことを知り、基本が身についていないことが分かりました。(中略)添削では、僕のダメなところを分かりやすく解説してくださっていました。(中略)ディジシステムの小論文指導の違いは、浅いか深いかの違いだなと思いました。DVDも時間もけっこう長かったですし、その後も電話とかメールとか、CDとかがいくつもついてきますし、本気でこの小論文をやりたいと思ったら深い所を受けた方がいいと思うんで。(中略)添削は厳しいと感じました。現実的と言いますか・・・可能性を伸ばすのが、受験では大事だと思うんですが、ただ単にボロクソに言われるんではなくて(笑)こういう風なやり方があったんだよとか、こういう風な別の答え方もあったんだよという、ただダメ出しをするんじゃなくて、こうしたら伸びるよとか、ここで勘違いをしているとか、事細かに言ってくれるので、厳しかったんですけど、厳しさの中にやさしさがあって、僕にとっては苦しい添削ではなかったです。ディジシステムの違いは、教えてくださる人と、教えられる側の距離の近さだと思います。(中略)分からないことがあったらどのようにして情報を集めればいいのかなども教えてもらったので、大学に入ってからも役立つと思います。(中略)ディジシステムの違いは、真摯に対応して下さる点だと思います。添削の時もそうですし、電話でフォローしてくださる時もそうだと思います。小論文を教えてくれるという点では日本トップクラスだと思います。→詳しくはclick

 

 

 

 

弘前大学医学部医学科合格 匿名希望さん

 

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 私は、記憶術や小論文、速読の教材にて大変御世話になった●●●と申します。 お陰様で、今年度の弘前大学医学部医学科学士編入学試験に合格することができました。 本年10月より、2年次後期の医学生として医学の習得、研鑽に努めて参ります。 私は、●●●をして参りました。受験生活中は医学部の学士編入学に特化した予備校(●●●)に通っていましたが、●●●は自己流のやり方で歯が立たず、●●●に学習方法を抜本的に見直しました。その際に牛山先生のメソッドを参考に致しました。 特に、自動記憶勉強法は(自分に適し)効果が高く、主要科目である生命科学と英語(主に英単語とイディオム)の学習に積極的に導入致しました。 医学部の学士編入学試験のキモである生命科学は、暗記すべき重要事項が多く、また記述式の試験を課す大学が大多数なので、その形式に合わせて多少教材づくりに工夫をしました。 具体的には、予備校の要点集で重要な部分や直前の講義の復習を兼ねて自動記憶用の教材を作りました。さらに、100~200字で説明を求められる知識を問う記述問題対策として、その問題で問われる複数の知識を細切れにして、自動記憶勉勉強法で覚えました。 小論文の試験も課されますので、小論文の教材も大変有用でした。 この度の成果は、牛山先生のメソッドによる部分がかなり大きいと感じています。 今後もより多くの受験生、学生、そして広く学習をする方々の助けになってください。 私も、医学部に入ってからもこの学習方法を活かして頑張って参ります。 誠にありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

MBAホルダー 中垣 ひとみ様

 

 

早稲田大学合格横井光太郎さん

息子が浪人せず合格出来て本当によかったです。書店ですべての本を確認したのですが、一番胡散臭かったのですが、内容は一番よかった。

→詳しくはclick/

 

有名な先生に直接添削してもらったことがありました。とても高い添削料金でした。それからディジシステムで添削を受けるように変えてみると、添削が分かりやすく、指導が具体的でした。教えていただく内容が全く違い、一つ一つ抑えなければいけないポイントがはっきりわかりました。小論文の添削が素晴らしかったです。他のところの指導は抽象的でしたが、牛山先生は一つ一つの指導が具体的でその場で点数がポンポンと伸びていくイメージがありました。(中略)あまり牛山先生は堅苦しくない人なのかと思いました。(笑)。→詳しくはclick

 

 

 

 

法政大学 太田 朝子さん 

 

 

慶應大学法学部合格 星 史人さん(学習サポート有)※(株)ディジシステムでは、速読などの高速学習もサポートすることがあります。

 

この先生だったら信用できると思いました。(中略)自分に足りない穴だけをやることができて、効率的だと思いました。(中略)本当のことを教えてくれると思いました。読解には困っていたんですけど、他のところでは教えてもらえないことを教えてもらい、すごく私には効果がありました。(中略)牛山先生ならではという感じで、とてもためになりました。下書きの書き方から教えてもらい、(中略)書きやすくなりました。(中略)こんなに丁寧に教えてくれるんだと思いました。※この他ご紹介しきれないコメントを動画でお答えいただいています。→詳しくはclick

高校時代は部活に没頭していたため、大学入試を前に日々暗中模索状態が続いていました。(中略)成績は上がらず、心が折れかかっていました。そんな時に出会ったのが、慶應大学絶対合格法(エール出版社)でした。(中略)今までの時間は何だったのかという感じでスイスイ成績は工場してゆき、試験当日は試験があまりにも簡単に感じ違和感を覚えるほどでした。本当にサポートありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

慶應大学 法学部、文学部、総合政策学部合格 匿名希望
慶應大学 総合政策学部、環境情報学部合格 平井祐樹さん

 

慶應クラスにて、他教科との学習時間の配分についてのアドバイス、小論文におけるきめ細やかな指導をして頂き、ありがとうございました。本番では、慶應クラスの教材である英語、地歴の記憶速読、技術習得のおかげで、一日目の法学部にて英語9割強、地歴74点をとり、1日目にして他学部の受験を待つまでもなく、合格を確信した次第です!また、最終日の総合政策学部では英語が自己採点で6割弱だったにもかかわらず、合格できたのは慶應クラスにて厳しくもあたたかい小論文指導及びメール電話相談をしていただき、精神力を強くもって小論文に挑み、8割以上確保できたからだと信じております。やはり小論文をしっかりやらずして慶應対策は語れません(笑)→詳しくはclick

 

こんにちは。平井祐樹です。先日、電話でも報告しましたが慶応大学の 総合政策学部と環境情報学部に合格することができました。改めて感謝の 気持ちをお知らせできたらと思い、お手紙をかきました。 私が牛山先生を最初に知ったのは、小論文の参考書を買った時でした。 背表紙にSFCという文字があるという理由で買った参考書でしたが、この 出会いがなかったらSFC W合格はなかったと思います。(中略) こんな状態でもダブル合格できたのは小論文の点数が8割を越えていただろうからです。 先生の小論文導がパワフルで確実であることを証明していると思います。 一年間の浪人生活は楽ではなかったですが、先生に教えていただいた記憶の アプローチで勉強を楽しむことも出来ました。この一年での学びは今後の人生 を大きく変える糧となりました。貴社の合言葉である『人生を変える教材』は 間違いないものと確信しています。 牛山先生初め、(中略)この合格は私一人のものではありません。(中略)ありがとうございました。2013.2.27 元慶応クラス平井祐樹→詳しくはclick

 

 

 

 

慶應大学 環境情報学部合格 守矢拓海さん 

 

慶應大学 環境情報学部合格 生澤和史さん

 

私は12月の始めに慶應SFCの受験を決めました。英語は7割取れていたのですが、小論文についてはてんで駄目で、何をどう書いたらよいのか分からず、12月の模試では英語と小論文総合でE判定というさんざんな結果でした。そんな時に出当たったのが、【慶應小論文合格バイブル】(エール出版)という本です。本を読むうちに牛山さんのそれまでとは違う小論文へのアプローチ方法に感銘を受け、ディジシステムに入会しました。どんなに些細な質問でも丁寧に説明していただいたり、小論文講座や添削を受けていく過程で、ゆっくりとしかし着実に力をつけていくことができました。→詳しくはclick

 

ディジシステムのよいところは、方向性の修正をしてくれること、指導に一貫性があることだと思いました。(中略)ディジシステムでは内容の改善点はもちろん、文章以前の物事の考え方も教えてもらえたので目指すべき方向性が分かりやすかったです。また小論文の先生が牛山先生一人で、指導が一貫していたので、僕自身悩みが無くなったと思います。僕はものすごく文章が苦手だったので、合格したのは間違いなくディジシステムのサポートのおかげです。合格という事実をさしおいても、僕の小論文の内容や物事の考え方がより良くなったことは大きな財産になったと思います。→詳しくはclick

 

 

 

 

慶應大学 総合政策学部合格 中村太一さん 

 

Kさん 

 

4月から牛山さんの後輩です。(中略)小論文が難しい大学に受かってうれしいです。牛山さんのところで小論文を勉強して正解だったと思います。なかなか成績が上がらなくて本当に困っていたので、最後の手段だと思って申し込みをしました。(中略)情報収集のやり方は今まではネタ本を読んでいたのですが、いろいろな本を読み、深い思考ができるようになりました。(中略)今後どのように勉強すればいいかが明確になりました。(中略)書いてはいけないことを学び、しっかりと弱点を把握できたからこそ、結果につながったと思います。牛山さんの添削には大満足です。→詳しくはclick

 

感謝しています。慶應クラスの●●です。模試で良い結果を残せました。うれしかったです。まだまだですが、小論文が少しでも書けるようになったり、英語が読めるようになったのは牛山先生のおかげです。そしてお金を出してくれた両親にとても感謝しています。もうすぐ入試で結果はどうなるか分かりませんが、どっちに転がっても後悔しないように最後までやっていきたいと思います。1年間ありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

関西学院大学 総合政策学部合格 洪 一貴さん

 

慶應義塾大学 総合政策学部合格 李 聖愛さん

 

専門的な小論文の知識を得るのが大変でした。学校の国語の授業では学べない小論文の細かいポイントや、大学ごとの違いがある点などを知ったこと、的確なアドバイスが役立ったと思います。小論文の基本的な解き方、構成の仕方、小論文特有の言葉の使い方などが参考になりました。入試の際にもそのことを思い出して取り組めたので、そこがすごくよかったなと思いました。すごく細かいところまで添削ではチェックしてくださって、学校の先生でも、あっこういう使い方があるんだ・・というすごく専門的なことを教えていただき、細かい点まで直してくださったので、助かったと思います。(中略)(牛山先生のイメージは)最初は授業でも、ビシッとスーツを着ていて、堅い人なのかなと思ったのですが、その後メールでやりとりをさせてもらったり直接会って、そのイメージは無くなり優しい先生だなと今はすごく思います。→詳しくはclick

 

牛山先生は、すごく素直な方だなと思いました。(中略)本を読んだ時に、この人についていけば受かるんじゃないかなと思いました。インスピレーションです!(中略)小論文は苦手な人は苦手だし、できる人はできるので、(そういう条件があることを前提に)最終的に勝負は小論文で決まると思っていました。(中略)日本の論点を読んで、まとめて勉強を進めていました。(中略)読む人によって印象が変わる文章について、気をつけるのが大変でした。(中略)他の講座と違い、何をすればいいのかがよく分かったので、すごく役立ちました。SFCの場合は、その場で考えて解く問題が多く、その点について、DVD講座で先生がどのように考えればいいのかを一から教えてくださったので、この問題には、こういう対処をすればいいんだなということが分かりました。私自身が小論文が苦手で何をすればいいのかが分からなかったので、とても救われたと思います。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

北海道大学法科大学院合格 Sさん 

 

慶應大学 環境情報学部合格 梅村 陽介さん

 

私が小論文の対策をはじめたのは、試験のわずか一か月前でした。それまで小論文を書いたことがなく、たいしたことないだろうと甘い考えを持っていた私は、とりあえず買った市販の参考書を読んでその難しさに驚きました。そこであわてて小論文7日間プログラムを購入したものの正直なところ私はそんな短期間で小論文が書けるようになるなどと思ってはいませんでした。しかし心配は不要でした。私は無事合格できただけでなく、入試成績優秀者として、入学料と一年分の授業料を免除されたのです。この講座で学んだ書き方や学習法を試験に限らず日常の様々な場面で活用しようと思います。(中略)ディジシステムの小論文講座を受講して本当に良かったです。→詳しくはclick

 

私が牛山先生と、そしてディジシステムの皆さまと出会い、合格を勝ち取ることができた一番はじめのキッカケは、書店でふと目に止まった牛山先生の『小論文技術習得講義』でした。その本の内容に感銘を受け、ディジシステムさんの方で小論文の添削をお願いするようになってから、牛山先生には大変お世話になりました。1時間近くにも及ぶ長電話での質問にも答えていただいたり、添削を通常より厳しくしていただいたりし、大変感謝しております。また、合格する為に教えていただいた勉強法によって小論文はもちろん、それを応用したところ全統マーク模試で英語科全国1位を2度取ることができ、自信をもって受験に挑むことができました。本当にありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

千葉大学教育学部合格 Mさん 

 

慶應義塾大学政策メディア科合格 Uさん

 

センター試験が終わり、二次試験の小論文の対策を本格的にしたいと思い、インターネットを見ていたところ、この教材が目にとまりました。他の受験生が知らないことが書いてある気がして、申し込むことにしました。センター試験でボーダーラインにいた私にとって二次試験で点数を取ることは合格への必要条件でした。そしてこの教材を手に取って使い始め、よいと思ったことが3つあります。1つめはCDによって通学中でも小論文を勉強できたことです。2つめは具体例を用いた説明で小論文を本質的に理解できることです。やはり小論文の根底にあるものを理解したかどうかで、小論文も雰囲気が変わってくるのではないかと思います。そして3つめは過去問題の分析方法や、本を読む勉強など小論文の具体的な勉強方法を示していることが助かりました。最後に教材はもちろんメールマガジンでも役立つ情報を提供していただき、ありがとうございました。→詳しくはclick

 

この度慶應義塾大学政策・メディア研究科に合格しました。牛山先生、およびスタッフのみなさんには心よりお礼申し上げます。特に受験直前に添削を希望した小論文は、本来であれば一週間かかるところを早めて返送してくださり、大変助かりました。はじめてディジシステムのHPを発見したとき、牛山先生の謙虚な姿勢が伝わってきたことが入会を希望した理由です。(中略)ディジシステムのよいところは、内容はさることながら、聞き逃しても巻き戻しができるところ、また自分の都合に合わせて学習できるところです。そして、『考え方』を身につけることができるこの講座は、とにかく応用が出来ます。大学のエッセー、グループワーク、プレゼンテーションはもちろん、面接の際の注意すべき点やコミュニケーションに至るまで、先生の小論文メソッドを何度も実践する上で多くを取得することができたように思います。先生を見習って今後も一層の努力を重ねていきたいと思います。ありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應大学 環境情報学部合格 常井 裕輝さん 

 

東京都立北多摩看護専門学校 岩澤さん

 

小論文の対策なんて無意味だろう。ましてや特殊な出題で有名な慶應ならなおさらだろう。そんなことを思いながらネットでとりあえず調べていた8か月前、部活を引退したばかりの高3夏のことでした。HPに引き込まれた自分はとりあえず無料添削なるものを出してみました。返ってきたものは予想以上に親切なもので、小論文に対する新たな見方を持つことができるようになりました。ここの講座を信じてやってみよう。ダメならしゃーない。という軽い気持ちで申し込みました。毎回の添削は本当に丁寧なので、難問の場合にも考え方が頭に浮かぶようになりました。慶應SFCの合格を勝ち取れたのは先生のおかげです。ありがとうございました。→詳しくはclick

 

私はまったく小論文というものを書いたことがなく、専門学校を受験する時に初めて目にしたくらいでした。小論文が何かをまったく知らなかったので、インターネットで添削指導してくれるサイトを探しました。そんな時見つけたのがディジシステムでした。『これだ!!』と思い、さっそくDVDを取り寄せノウハウを学ぶと、私に合っていたのか、勉強方法がとても分かりやすく、何度か書くうちにコツをつかめました。念願の学校に合格することができ、とても感謝しています。→詳しくはclick

 

 

 

 

慶應大学環境情報学部合格 神谷 優太朗さん 

 

慶應大学合格神谷さんの保護者様

 

僕が高二の時に受けたチャレンジでは、英語が48/200、数ⅡBが18/100点というふがいない結果でした。それから高三になってもなかなか成績は上がらず極めつけは受験の天王山と呼ばれる高三の夏休みで周りの友達が600時間勉強しているにも関わらず、僕は野球部の応援団長を引き受けていたため100時間も勉強していなかったことです。(中略)実力を安定させるため牛山さんの小論文講座を受講したので、自信を持って試験に望めました。この講座では小論文の本質を理解することが出来たため、問題形式が変わっても柔軟に対応する力も自然と身に付きました。本当にありがとうございました。入試のため滞在していたホテルでもDVDを観ていました。→詳しくはclick

 

おかげさまで、4月2日に無事入学式も済み下宿探し、引っ越しとあわただしい日々でしたが、ようやく落ち着き元気に大学生活を送っているようです。今年に入って1月の半ばごろ偶然書店で慶應大学絶対合格法という本をみつけ、講座を受講させていただくこととなりました。(中略)厳しい入試で高望みの受験であることは本人も親も重々承知していましたので、浪人も覚悟していました。奇跡的な合格でありましたが、本当にギリギリまであきらめずに講座を受講してよかったと思っています。最後に牛山先生、スタッフの皆さま、どうぞご自愛くださいますようお祈り申し上げます。→詳しくはclick

 

 

 

慶應義塾大学環境情報学部合格 井上 絢賀さん 

 

ビジネス・ブレークスルー大学合格 植草太地さん

 

合格であることを知った時は本当にうれしかったです。今でも信じられないような気持です。ディジシステムに入会して本当によかった!!!牛山先生の指導で勉強して、添削された・に気をつけて小論文を書いたら合格できたという感じです。私だけの努力ではもちろん受からなかったと思います。ディジシステムの方々が、生徒一人一人の合格のために努力してくれていたからだと思います。『私なんてたくさんの生徒のうちの一人だろう』『先生は他の生徒さんの話をよくするけど、私は期待されてないだろうな』と思っていましたが、毎月の小論文の添削や電話、メール相談の対応をかなり丁寧にしてくれて、とても励みになりました。→詳しくはclick

 

この手順通りにやっていけば書けるんじゃないかと思いました。(中略)本質論にするとか、その他のテクニックを使いました。最初はあまり勉強できなかったのですが、最終的には、10時間くらい勉強しました。(中略)電話相談は、微妙なニュアンスなど、文章では伝わりにくいことが分かるので、重要な事は電話で教えてもらうのがいいかなと思いました。(中略)牛山さんは、人生のコーチのように考えています。ありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

北海道大学大学院 Sさん 

 

東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 技術経営専攻 匿名希望さん

 

大学院の試験・・何度も落ちました。・・英語や小論文の点数が上がらない・・一体どうすれば・・。ウェブ上で『小論文』で検索し、『ディジシステム?』『牛山?』なんだこれ?本当に点数上がるの?』最初は半信半疑で始めてみました。もう最後の試験まで3か月をきっていた。。『これでダメだったら違う道を探そう』そう思っていました。(中略)今まで小論文の対策は、大学院の先生方のご著作と過去問と市販の小論文の本でした。市販の本の大半は使えない内容のものばかりでした。(中略)努力する方法、メソッドが不十分だった。これが講座で大幅に改善された。なぜ減点されるのか、合格する小論文はどんなものか、教えてくれました。そして牛山先生の添削サービス!料金が良心的ですし、答案で『なんか軽いなー』と思った所、即座に見抜き、的確なアドバイスがいただけました。これが合格につながった。おそらくディジシステムを利用していなかったら、私は別の道を歩む事になっていたでしょう。ディジシステムのいいところをひおっつあげるなら、人間の能力を創造していく上での方法論を提供しているところではないでしょうか。→詳しくはclick

 

この度、ご報告とお礼を申し上げたく、お手紙をお送り致しました。おかげ様で東京工業大学大学院に合格することができました。(中略)ディジシステム小論文講座を受講させていただく前は、小論文にまったく自信がありませんでした。長い時間をかければそれなりの文章を書くことはできると思っていましたが、短時間で未知の課題について文章を書くことには自信が持てませんでした。市販の本を何冊か読んでみましたが、私の疑問に応えてくれるものはありませんでした。(中略)ディジシステムの小論文講座では、7日間プログラム、慶應義塾大学専用講座、なんでも添削、5回添削セットを受講させていただきましたが、どれも素晴らしかったです。(中略)本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。→詳しくはclick

 

 

 

 

慶應義塾大学環境情報学部合格 長島 禎さん 

 

慶應義塾大学環境情報学部合格 Mさん

 

小論文技術習得講義という本でディジシステムを知り、入会しましたが、入会当初はディジシステムという会社を疑っていました。なぜならばパンフレットでは夢のようなことが書き並べられているからです。例えば、やる気を自分で操作したり、数万項目を記憶したりする教材です。しかし、受験が終わり振り返ってみると、この疑念は杞憂でした。これらは夢でもウソでもなく、現実に実行することができます。慶應クラスはこれらの夢のような出来事を努力と技術を手厚いサポートで一つ一つ現実にしていくようなクラスです。正しい技術をもとに努力し、間違っていれば24時間対応のメールや牛山先生本人との電話ですぐに正しい軌道に戻してくれる。来年慶應受験を考えているのであれば、牛山先生を頼ってみる価値は大いにあります。→詳しくはclick

 

こんにちは。この度慶應義塾大学環境情報学部に合格することができました。私は同大学のAO入試を受けており、本格的に受験勉強を始めたのは12月半ばでした。考えることは好きでも書くことが苦手だった私にとって始めは小論文対策が苦痛でした。ですが、そんな時に牛山さんの小論文技術習得講義(エール出版)に出会い、小論文は難しいという先入観が取り払われました。その本や無料のメルマガに書かれていることに気をつけるだけで年末にあった代ゼミのプレ模試では全国10位に入ることができました。本番までには小論文7日間プログラムも受講しました。他の参考書では、毎年変わった問題が出題されるSFCの小論文には対応できなかったと思っています。本当にありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應義塾大学総合政策学部・上智大学・武蔵大学合格 葛上 洋平君 

 

S君

 

もともと慶應の薬学部を目指していた私はSFCに第一志望を変更してから小論文という科目が漠然としたものであることに頭を悩ませていました。何か良い教材はないのかと探したあげく、(ディジシステムの)合格小論文に出会いました。合格小論文は小論文という教科でどうすれば良い評価が得られるのかだけではなく、記憶の方法(簡単なものですが)なども解説しており、小論文が伸び悩んでいた私に最適な教材でした。(中略)合格小論文は無駄な努力をせずに効率よく合格へ近づけてくれましたので、合格への一つの道標としてお勧めできる教材です。→詳しくはclick

 

私事なのですが、おかげさまでSFC(総合政策)模試で全国6位になれました。8月に受けた小論文模試では、偏差値が40位だったので、今回の結果で自信が持てました。このまま2月の本番まで油断せずにがんばります。ありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應義塾大学総合政策学部合格 中垣 拳君

 

慶應義塾大学環境情報学部合格 K君

 

小論文の本を読んで、基本的なことがまったく分かっていない自分でも、なんとかなるかなと思いました。DVDの講座は自分に合ったテクニックを学べてよかったと思います。添削はすごく細かいところまで見てくれるなあという感じで、文章も、この言いきりはよくないとか、他のところでは、あまりここまで細かい事は言ってくれないということを指摘していただきました。(中略)小論文の勉強をしようとしてももともと基礎がなっていなかった私にはSFCの過去問題は特に難しく困り果てていました。そして12月ごろに牛山先生の教材に出会いました。先生の本を読んだりDVDを見ていると小論文の対策が遅すぎたことに気付かされ少し落ち込みましたが、先生の教材のおかげで小論文の書くコツが分かりそれ以来楽に書くことができるようになったと思います。→詳しくはclick

 

自分は昨年受験したが、不合格で地元の公立大学に行くことになったが、やはりSFCで勉強したいという気持ちが強く、仮面浪人をすることにした。大学の単位を落とさない様に大学の勉強をしながら、受験勉強は大変だったが、ディジシステムのDVD講座が役にたった。(中略)通学時間を利用して何度も見て勉強することができたからだ。また通信添削も他の通信添削では指摘されないような部分を指摘してもらえて改善することができた。今年合格できたのは、牛山先生、そしてスタッフの皆さんのおかげだと思います。今後スキルアップを目指す時もディジシステムの教材を使わせてもらいたいと思います。本当にありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應大学経済学部、文学部合格 大塚 満里菜さん 

 

新潟大学法学部合格 刑部憲太郎さん

 

慶應大学経済学部と文学部に両方合格→詳しくはclick

 

前期には東北大を受けていたので、小論文の勉強をはじめたのは、前期不合格が決まり、後期まで残り5日という状況でした。学校でも1、2時間授業を受けていましたが、しっくりこなかったので、DVD教材を申し込みました。DVDで小論文の解き方を見て、過去問で実践していくという方法をとり、なんとか後期合格することができました。ありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

            

 

京都大学経済学部合格 S君 

 

慶應義塾大学経済学部合格 E君 

 

→詳しくはclick

 

→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應義塾大学文学部・早稲田大学4つの学部・明治大学・学習院大学合格 Sさん 

 

昭和大学保健医療学部・杏林大学合格 Nさん

 

ディジシステムのスタッフの皆さま、牛山先生には小論文の添削で本当にお世話になりました。小論文の書き方も分からず、受験に失敗した一年前はまさか慶應大学に合格できるとは思ってもいなかったので、本当に本当にうれしいです!!!これも牛山先生が毎回とても丁寧にご指導してくださったおかげです。最初の添削がくるまでは、ここまで細かく添削していただけるとは思っていなかったので、びっくりしました。自分の欠点やさまざまな個所の書き方がとてもよかったです。実際に試験前に添削してもらった文を見て試験に挑んでいたのですが、慶應では直してもらったところと同じ問題がでてスラスラと解くことができました!!!牛山先生には感謝してもしきれません。ディジシステムの生徒として恥じぬよう4年間を全力で過ごしたいと思います。本当にありがとうございました。→詳しくはclick

 

私は文章を書くことが本当に苦手でした。どのように書き出せばいいのか、どのようにまとめればいいのか、どうすれば共感してもらえるのか分からなかったし、先生に見てもらった時は悲惨でまったく伝わりませんでした。そこでDVDを買わせていただきました。小論文は表現力が大切だとばかり思っていましたが、実際には知識をしっかりつけないとダメだということを知りました。知識のつけ方も細かく教えていただいたり、アウトプットの方法でマインドマップを使うといいということなど、役立つ内容ばかりでした。ピンポイントで知識をつけられたので、具体例も分かりやすくできました。先生方にもわかりやすいとか、うまくなったねと言う風に言ってもらえるようになりました。また、疑問に思ったことをメールした時も何度も丁寧にお返事をしていただいて本当に助かりました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應義塾大学環境情報学部合格 三澤 昌平君 

 

慶應義塾大学大学院法務研究科合格 Nさん

 

私は小論文には多少の自信があり、確認程度にと思い、5回添削セットを受講しましたが、このおかげで自分の弱点が分かり中途半端にすることなく、受験に向かうことができました。添削は厳しいですが、これより厳しく詳しいものは他にはないと思うので、ぜひ受講してほしいと思いました。小論文技術習得講義という本も効果絶大です。ディジシステムには大変お世話になりました。ありがとうございました!! →詳しくはclick

 

拝啓 年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。牛山様におかれましてはお変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。(中略)本当にいろいろとお世話になりました。ご紹介いただいた書籍もさっそく読んでみようと思います。寒い日が続きますがどうかご自愛くださいませ。敬具  2010年1月5日→詳しくはclick

 

 

 

 

 

慶應義塾大学経済学部合格 Nさん 

 

津田塾大学国際関係学科合格 Kさん

 

私はディジシステムさんの『英語の技術』『速読の技術』『小論文の技術』と書籍の自動記憶勉強法(エール出版社)、小論文技術習得講義(エール出版社)を購入しました。購入しようと思った契機は、著者の牛山さんが慶應に合格されているということ、ホームページにおいて無料で読める重要ポイント集を読んで、この方は本物だと思ったためです。どのDVD講座も分かりやすく、短期間で習得できるものばかりでした。特に速読の技術の講座では、本当に2時間で習得できてしまい、一生役立つものとなってしまいました。今でもディジシステムさんのホームページに出会えたことに感謝しています。ありがとうございました。→詳しくはclick

 

報告です。津田塾大学国際関係学科に合格できました。英文課題の小論文形式での合格です。(中略)やるだけの状態を作ってくださったことには、本当に助かりました。特に私は気持ちの波が激しかったので、電話でもかなりお世話になり・・・漠然とした不安や気持ちの焦りの原因を牛山さんは論理的に浮き出してくださり、電話後は、あ、そんなものか・・と妙にすっきりできたのを覚えています。あの電話でどれだけ頑張れたか!!!(中略)牛山さんと出会わなかったらできなかったこと、考え突かなかったことがたくさんあります。合格だけでなく、一生ものの考え方を受験を通して得られたと、そこは自信を持って言えます。このうれしさを忘れずに、ディジシステムで得たものは今後の人生で活かしていきます。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

愛知県立大学に本文化学部合格 西尾 海さん 

 

Kさん

 

自分は推薦の入試で小論文を書いたのですが、DVDを見てそこからしっかり自分で理解を深め、勉強しました。正直練習では一回も時間通りにかけなかったのですが、本番では見事あの方法で初めて90分1000文字を書き切り、合格することができました。一般の入試だったら絶対に入れていない大学だったので、とてもうれしいです。これからも人の助けをしてください。→詳しくはclick

 

牛山先生。突然のお便り失礼します。私は高得点小論文と小論文技術習得講義を使わせて頂きました。(中略)牛山先生の教えに素直に必死に小論文対策を行い、毎日高校の先生に添削をお願いし、最後には職員室中で評判になるほどの小論文を書くことができるようになりました。しかし、不合格になってしまいました。学校に報告に行った際、先生と面談させていただくことがあり、下書き用紙と大まかな自分の答案を話したところ、大変ほめていただきました。落ちたのに、です(笑)牛山先生も試練を乗り越え、お体に気を付けて今後ともご活躍なさってください。本当にありがとうございました。→詳しくはclick

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●小論文添削月2枚(提出期限は月末です。翌月への持ち越しは出来かねます)

●メール相談無制限(小論文に限る)

●添削終了後電話サポート※予約制 (毎月30分)

●小論文授業の受講

 

実際のサポート内容:実践的な実力を養成する

 毎月2枚、小論文の提出をしていただきます。提出していただいた小論文は、牛山が添削をすべて行います。外部やアルバイトの学生に投げない、ひとり一人丁寧に添削をします。

 

 その後、毎回問題の解説DVD(問題の解き方、考え方、書き方)が添削された解答用紙と一緒に届きます。 (過去問題コースはそれぞれ志望校の問題を添削するものです。日本にはたくさん大学がありますから、当然ですが、解説DVDは付きません。)

 

 ※添削は、音声添削と書く添削がございます。牛山が内容を確認して、塾生さんにとってより実力アップ出来る方を、その都度牛山が判断してお送りします。2枚とも書く添削にある事もございますし、 2枚とも音声添削になる場合もございます。音声添削の場合は、自宅に牛山の音声添削のCDをお送りします。

 

 

 

実際のサポート内容:オンライン授業で小論文の理解を深める

 

 牛山が、執筆した書籍を授業のテキストにして、小論文について、より理解を深めていきます。授業は1つのテーマで数分~1時間程度の内容です。毎月数個程の動画がアップされます。

 

 授業はオンライン上で受講する事が可能ですので、いつでも、どこでも好きな時間に動画を受講する事が可能です。授業に使うテキストは、小論文の教科書、小論文技術習得講義、慶應小論文合格BIBLEとなります。

 

実際のサポート内容:電話サポート

 

 添削後に必要に応じて電話サポートを行います。電話は予約制となりますので、事前予約が必要です。電話サポートについても牛山が直接指導を行います。(要予約約30分程度)

 

《小論文の添削で納得がいかなかったり腹がたったことはありませんか?》

 

 小論文の添削を受けていると、理不尽な添削内容に腹が立ったり、嫌な気持ちになることがある人もいます。そんなことが極力少なくなるように、文和会では、丁寧なサポートを用意しています。

 

1) オンラインの疑問解決授業

2) 心が苦しくなった時に受講できる授業

3) 電話サポートによる疑問点の解決

4) 音声の解説による気持ちに配慮した添削

5) 厳しい添削と優しい添削の二種類の希望に合わせた添削指導

 

 上記のように何重にもあなたの気持ちに配慮して、添削を行います。一人一人が心をもった人間であり、私たちはロボットではありません。時には厳しい指導もあるかもしれませんが、それはすべてあなたの合格のためです。アカデミックハラスメントのような理不尽な指導が教育現場において絶対に無いように、牛山は最大限の配慮をします。すべての人に公平に、すべての人の人権が最大限に守られるように配慮します。楽しく、そして前向きに、心が折れることなく、一緒に受験を戦い抜きましょう。

 

文和会や慶應クラスが少人数制である最大の理由はサポートの質を落とさないためです。

 

文和会の実力養成

 

 文和会では、小論文のテキストとして、牛山が出版した書籍と、オリジナルテキストを用いて授業を行っていきます。

 

1) 小論文技術習得講義

2) 慶應小論文合格バイブル ~難関大学、大学院受験用~

3) 小論文の教科書

4) 本には書けない小論文バイブル

5) 小論文7日間プログラム 標準編、上級編テキスト

6) ロジカルシンキング講座 テキスト

7) その他各授業のレジュメを必要に応じて配布

 

 

深い理解と本には書ききれなかったそぎ落とされた情報で点数が上がる!

 

書籍の内容は、大事なことを3分の1~10分の1に圧縮して書くものです。

 

 したがって、本を読んでいても、動画の授業を受ければ、さらに多くの事を学ぶことができます。本はあくまでも『圧縮情報』であり、したがって理解できないことがあったり、理解のレベルが10段階で1や2だったり、分かったつもりになって判断ミスにつながるということが珍しくありません。

 

 例えば小論文の書き方は皆知っているのに、どうして点数が30点の人もいれば90点の人もいるのでしょうか。それは、単に知っているだけで理解がしきれておらず、行動ができないからです。知ると分かるとデキルは違います。デキル状態になるために一番重要なことは、深く腑に落ちる形で理解することです。

 

【知ると分かるとできるが違う事例】

・パラグラフリーディングを知っていても、まったく読む事ができない。読解が苦手

・数学の解法を知っていても、まったく問題が解けない。理解と記憶ができていない。

・文章の書き方を知っていても、まったくうまく書くことができない。

・論理思考を知っていても、少しも論理的に考えることができない。

 

 このように、単に知っているということと、デキルということは別次元の問題です。あなたが試験会場で求められることは、問題がデキルことであり、知っていることではありません。

 

 一生懸命勉強していても、無駄なことばかりをしていてまったく違う方向に進んでいるということはよくあります。このようにならないために、『分かったつもり』を防ぎ、本の中では泣く泣く削った情報を塾で新しく得てください。

 

 例えば、本には書けない慶應小論文合格バイブルの講義内容を見てみてください。どれだけ多くの情報をページ数の制限の問題でそぎ落とさなければならなかったかが分かります。私はまだまだ、これだけ本を書いてもお伝えしきれない授業内容がたくさんあります。

 

 

講座一覧

 

通信制であり、オンラインの授業が基本となりますので、あなたが興味のある動画授業だけを受講することも可能です。

 

 

 

 自分が受講したいものだけを選んで受講することもできる上に、通学中に受講することができる動画を受講すれば、時間はさらに節約できます。(ただし、動画サーバーの授業はお使いのスマートフォンやタブレットPCで再生できない場合もありますので予めご了承ください。

 

 

 

 

 ※その他随時講義内容を追加していきます。

※下記、授業内容や開講時期はあくまでも予定であり、必要に応じて変更する場合もございます。

 

 

 

 本には書ききれなかったポイントを勘違いが起こらないように詳しく解説します。

 

 

 さらにハイレベルな小論文を詳しく解説。慶應大学に合格できる小論文のすべてを解説します。

 

 

 マッキンゼーの中でも世界トップクラスだった大前研一氏から直接師事を受けた思考法を詳しく解説します。

 

 

 慶大の小論文だけでなく、小論文についてさらに詳しく解説します。

 

 

【講座内容】

 

 公務員制度改革の基本理解(9月中旬予定)

 税と日本経済の基本理解(9月中旬予定)

 延命治療論(平穏死)(10月)

 日米同盟は信頼できるか(10月)

 (大学入試の為の)国際政治の基本理解(11月)

 (大学入試の為の)国際経済の基本理解(11月)

 (大学入試の為の)日本の政治の基本理解(12月)

 (大学入試の為の)日本の経済の基本理解(12月)

 資本主義社会とは(1月)

 教育論(1月)

 国際社会論(1月)

 脱原発論(2月)

 言語・人間の生き方論の解法のポイント(2月)

 文化論の解法のポイント(2月)

 

 ※その他随時講義内容を追加していきます。

※上記の内容はあくまでも予定であり、今後変わっていく可能性もあります。

 

 

 

※牛山の研究領域(考える力を引き上げる)や、皆で集まって議論した結果、力不足の領域、個別指導でいただいた相談などから、学生の困っていることを解決するためのフィードバックの授業を行います。 (文和会塾生、慶應クラス塾生は、無料受講できます。)

 

【講座内容】

 

 思考力を強化する方法

 落ちる人の思考法

 説得力が欠如する思考過程等、ここには書ききれませんが、非公開とさせていただきます。

少人数グループワーク ※別料金になります。 東京を中心に、春、夏、冬に開催予定です。 数少ない仲間と会える機会ですので、ふるってご参加ください。

 

 

 

 

質問の文字列にマウスをあわすと、答えが表示されます。

スマートフォンの方は、文字列をタップすると答えが表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問に牛山がお答えしました。

 

:時間をあまりかけることができませんが大丈夫でしょうか

 

このページをご覧いただくと、たくさん学ぶものがあるように思うかもしれませんが、一か月に数時間です。逆に言えば、いくら時間が無いからといって小論文を勉強しなさすぎるのも問題です。時間がいくら足りなくても、あなたが受験する試験で、小論文の配点が0点ではないからです。場合によっては全体の30%~50%の割合を占める事も珍しくはありません。したがって、小論文の勉強時間は最小限にしながらも、点数を大きく引き上げることが大事になってきます。

 

【文和会の特徴】

・隙間時間を活用できる

・DVDは倍速再生可能

(お手元の再生機器が倍速再生できる場合は倍速受講可能です。)

・通塾制ではないので、好きな時に受講できる

 上記のような特徴があるため、時間が無い人にこそお勧めの塾です。

 

 私が受験する小論文に対応しているでしょうか

 

 原則として、法学部卒で法学を既習で法科大学院を受験するのでなければ、対応しているとお考えください。東京大学、京都大学、東大大学院、京大大学院、慶應大学、慶應医学部、慶應大学大学院、慶應大学法科大学院、MBAのコース、医療系関係なく対応しています。これらの大学に合格実績があり、私自身も東大卒、東大大学院卒、京大卒、慶應卒、早稲田卒、医学博士、大学講師、建築士、公認会計士、医師が多数在籍するMBAの大学院で、成績優秀者になりました。私は頭がいいわけではありません。なぜこれらの極めて優秀な人がいる中で成績優秀者になれたのでしょうか?理由は大きく3つほどあり、一つは小論文、論文作成に慣れていること、速読などの高速学習に詳しいこと、オンラインのシステムを開発し、自分が開発したオンラインクラウドシステムで他の人の3倍のスピードで学習していたことです。人よりも多くの知識を入れることの専門家であり、数万項目の記憶を作るスペシャリスト、スキルアップのコンサルタントとして活動するのが私の仕事です。

 

 私のクライアントには、東大OB、東大院OBは珍しくありません。また公認会計士や弁理士などの法律家も珍しくありません。医師も珍しくありません。私はあくまでも、記憶作りやスキルアップの専門家にすぎず、このように頭がいい人の力をさらに引き上げるお手伝いをしているだけです。したがって、あなたが受験する試験にも対応しておりますので、ご安心ください。

 

 

 

 

 

文和会への入塾要件

 

 文和会に入塾するには、入塾費用が必要です。ただし、この入塾費用は事務手続き等のお金ではありません。 授業で使用する書籍の合計金額5.184円が入塾費用です。

 

 入塾教材費:書籍の合計金額5.184円(各1.728円)税込

 

入塾教材一覧

 小論文の教科書

 小論文技術習得講義

 慶應小論文合格BIBLE

 

 ※上記書籍をすべて購入されている場合は、入塾必要は必要ありません。毎月の月謝のみで利用可能です。 一部の書籍を購入済みの場合は、合計金額から差し引いた金額で入塾教材をお送り致します。

 

 

文和会の月謝

 

 文和会には2種類のコースがあります。コースによって月謝に違いがございます。

 

課題問題コース (弊社がご用意した問題を解くコース)

 月謝 25.000円

 

過去問題コース (過去問題等、塾生さんが用意した問題を解くコース)

 月謝 35.000円

 

 ※過去問題コースの添削は、それぞれの大学の問題を一から解き、出題意図を見抜き添削作業を行うため、通常より添削作業時間の負担が大きいため、課題問題コースより月謝が高くなっております。

 

 

継続期間について

 

 文和会は、最低継続指導期間別に、3種類の指導期間を設けております。

 

毎月指導プラン

 いつでも退会の出来る通常指導プラン。1ヶ月単位での指導します。

 

短期合格プラン 

 最低6ヶ月で志望校合格を目指す継続指導プラン。6か月継続指導プランの特典として、有料で販売をしている講座、(7日間プログラム:41500円)を無料でご提供しています。最低6ヶ月以上の継続が条件です。6ヶ月未満での退会はできません

 

全部お任せ合格プラン 

 最低12ヶ月で、志望校合格を目指す継続指導プラン。12か月継続コースの特典(1)7日間プログラム:41500円(2)速読講座:29800円、以上2点を無料でご提供しています。最低12ヶ月以上の継続が条件です。12ヶ月未満での退会はできません。

 

 ※1 継続指導プランに入塾された方には、弊社で有料販売をしている小論文7日間プログラム(6ヶ月・1年継続)・実践速読講座(1年継続)を特典として無料でプレゼント致します。詳しくは以下をご覧ください。

 

 ※2 各指導プランとも小論文の課題問題については、同じ問題を解いていただきます。

 

 

文和会の入塾特典

 

 文和会に入塾された方には、入塾特典がございます。また、継続指導を希望される場合は、特別な入塾特典もございます。

 

入塾者全員

 
The Short Essay BIBLEを使用した授業の講座受講

 慶應小論文合格BIBLEの付属書籍となる、本には書けない慶應大学合格BIBLEは、慶應受験生だけでなく、小論文受験者にとってはとても重要な指針が執筆されています。小論文が受験科目になっている方は、一通り読んでおくと他の受験生より有利になる事がたくさん記載されています。この書籍をテキストにした授業を受講する事ができます。

 

継続指導プランで入塾された方(短期合格・全部お任せ)

 

 
小論文7日間プログラム(合格小論文講座~標準編~・高得点小論文講座~上級編~)定価41.500円→0円

 

 どの志望大学であっても、昇進試験、就職試験であっても、小論文を受ける方全般にオススメの教材です。 小論文をどう分析して、どう考え、どう書くべきなのかについて、新しい手法を解説します。 新時代の小論文解法、考え方、解き方、思考法、分析手法などを身につけていただきます。

 

 ※小論文7日間プログラムは、6ヶ月継続もしくは、1年継続指導プランで入塾された方のみ受講可能です。通常指導プランの方は無料受講出来ませんので、ご注意ください。

 

 
実践速読講座 定価29.800円 → 0円

 

 あなたが、1日1冊~5冊読めるようになるDVD講座です。初めて速読を習得する人や、一度挫折した方を対象にしています。試験勉強での速読は、復習にかなりの威力を発揮してくれます。 慶應大学やその他の大学に合格していた先輩達も、実は、速読を身に付けていたという喜びのお手紙もたくさん頂いているDVD講座です。

 

 ※実践速読講座は、1年継続指導プランで入塾された方のみ受講可能です。6ヶ月継続指導プランの方は無料受講出来ませんので、ご注意ください。

 

 

 

入塾後の流れ

 

STEP1 お申し込み後入塾教材の到着 

 

 お申し込み後に、まず入塾教材の書籍が自宅へ送られてきます。※すでに入塾教材費をすべて購入済みの方は、第1回の問題や解答用紙を代金引換郵便(月謝25000円or35000円)にてお送り致します。

 

STEP2 入塾教材の書籍をお読みください。 

 

 届いた書籍を最低3回は読む事をオススメします。その上で添削指導や授業を行い、小論文の実力養成を行います。

 

STEP3 月始めに毎月問題が届く 

 

 その後は、毎月月始めに小論文の問題や解答用紙等が、代金引換郵便にてお手元に到着します。到着した問題を月末までに解き、提出をしてください。アップされているオンラインの授業はいつでも受講可能です。

 

 

 

添削者紹介 牛山恭範(アルバイトに添削を任せません。点数が上がる添削をします。)

 

 

牛山が仕事にかける思い 

 

 受験の先には、一人一人の未来の夢や希望があります。受験で勝つことは自分に勝つことであり、受験は人生の糧となり、将来の選択肢が広がるなど、より、良い人生の地歩を歩むことにつながります。合格は将来やりたい仕事ができるようになるなど、自分が理想とする人生を歩むことにつながっています。だからこそ、私は合格に真剣です。『僕を●●大学法学部に合格させてください!』という生徒さんからのお手紙ももらったことがありますが、真剣な要望には真剣に応えたいと思っています。受験は人生の節目です。一人一人が自分なりにがんばって、人生で初めて親の助けを借りずに一人で立ち向かわなければならない大事な機会です。その大事な機会に、ご縁があった人を精一杯支援するのが私の仕事です。だから時には、本には書けないようなことや、TVでは言えないようなことも正直に話をすることもあります。一人一人の努力を結果につなげるためのサポートを全力でがんばります。

 

 

 と・・・言いましても、牛山はわりと話しやすい人間だと言われます。例えば上記の合格報告の中でも、関西学院大学に合格した洪君や、早稲田大学に合格した横井君の動画を再生してみてください。牛山があまり堅い人間ではないということも話しています。授業はなるべく楽しくやることを心がけます。楽しく考えてこそ、考える力もアップしやすくなります。

 

 

 

牛山 恭範 スキルアップコンサルタント 詳しいプロフィール

 

・スキルアップコンサルタント
・専門家集団Allaboutスキルアップの担当ガイド
・ヤフー(Yahoo)知恵袋 専門家回答者 

 

 人を成長させる事が専門。決して頭がいいわけでもなく、勉強が得意ではなかったが独自の学習法を使うことで小論文試験が難関で知られる慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部にダブル合格する。

 

 2009年、技術習得の理論・原理(成長の原理)を「目標達成論」(エール出版社)で発表。その他高速学習(どんな人でも大量の記憶を形成させる)を可能にする、プロフェッショナルとして、年間約3千のメールサポート・電話サポート・直接指導をクライアントと行い、累積数1万を超えるサポート実績がある。

 

 慶應義塾大学総合政策学部在学中にパソコンの家庭教師などを経て店舗経営で起業し、現在株式会社ディジシステム代表取締役。技術の習得に関する周辺と、それを可能にする頭脳に関して研究を重ね現在に至る。(大学院では、思考力の研究を行い、研究は成功した。)現在は研究の成果を活かし、需要の多い分野で教育カリキュラムを構築し、技術を提供。

 

 より高い次元の小論文指導、小論文添削サービスを提供する為にも、世界最高の頭脳集団マッキンゼーアンドカンパニーの元日本、アジアTOP(日本支社長、アジア太平洋局長、日本支社会長)であった大前研一学長より、BBT大学大学院にて問題解決思考の思考について師事を受ける。

 

 ビジネスブレークスルー大学大学院(Kenichi Ohmae Graduate School of Business)経営管理研究科修士課程修了。(MBA)スキルアップの知見を用いることで、牛山自身の能力が低いにも関わらず、同大学院において、『東大卒、東京大学医学部卒、京都大学卒、東大大学院卒(博士課程)、最難関国立大学卒、公認会計士、医師(旧帝大卒)、大学講師等エリートが多数在籍するクラス』(平均年齢35歳程度)において成績優秀者(写真)となる。個人の能力とは無関係に「思考・判断力」「多くの記憶作り」等で結果を出すことができるスキルアップコンサルタントとしてマスコミに注目される。(読売新聞・京都放送など)他の「もともと能力が高い高学歴な学習支援者」と違い、短期間(半年から1年)で、クライアントを成長させることが特徴。

 

 マッキンゼーの問題解決思考を上記大学院の学長である大前研一氏から直に師事を受け、各種技術習得、及び,問題解決型の 学習コンサルティングに活かした活動を行っている。

 

 

 【著書】
・「小論文技術習得講義」(改訂版あり。)
・「自動記憶勉強法」(改訂版あり。)
・「なぜ人は情報を集めて失敗するのか?目標達成論」(改訂版あり。)
・「勉強法最強化PROJECT」(弁護士・医師との共著)
・「慶應大学絶対合格法」
・「慶應小論文合格BIBLE」(改訂版あり。)
・「機械的記憶法」
・「クラウド知的仕事術」
・「小論文の教科書」
・「速読暗記勉強法」
・「難関私大対策の急所」
・「AO入試対策とプレゼンテーション合格法」

【マスコミ掲載事例一部】
・読売新聞(全国版)学ぼうのコーナーにて8回掲載(週間企画)
・京都放送 TV番組ポジぽじたまご 会社紹介 平成23年10月7日
・京都放送 TV番組ポジぽじたまご 平成23年11月4日放送
・産経関西 20年前とは変わった受験事情 平成23年12月9日

【クライアントの実績の一部】
・教え子がダブルE判定から慶應大学に合格。
・教え子の成績がTOP0.1%に引き上がる。
・全国3位に急成長→慶應大学A判定に。
・北海道大学法科大学院次席合格。
・女子高生が2時間で速読を習得→名門津田塾大学に合格。
・医師の国家試験、公認会計士試験、薬剤師試験、弁理士試験など、難関国家試験にクライアントが合格。
・国立私立、資格試験、国家試験問わず、希望の試験に合格。
・全国模試で英語で二度日本一。
・慶應大学4学部(法・経・総・環)合格。
・大阪大学大学院主席合格。
・上記の他に、名門大学院、最難関大学院、京大、東京大学大学院などに合格実績がある。

 

執筆書籍

 

 

 

勉強法最強化PROJECTは

石原弁護士と斉藤医師との共著

 

 

 

(専門家サイトオールアバウトでの牛山執筆のコラム)

小論文コラム・・・論理と感性の関係性とは?

 

 

 

 

外部講師活動
 

 

全国の高等学校で外部講師として活動(紹介動画)撮影許可を頂いて撮影しました。2008年7月の映像です。

 

 

 

お断りと申込み規約

 

以下のような方はお申し込みをご遠慮いただいています。

 

・私が受験する試験はハイレベルなので、基本などまったく大切ではないので、基礎などやる必要はまったくないのだという、小論文の実力養成におよそご興味のない方

・常に自分がすべてにおいて正しいと思っており、いかなる指導も入ってこない状態の方

・『あっちの先生はああ言っていました』というように、本当のところの見極めよりも、表面的な意見の戦いだけにしか興味が無い方

・暴力団関係者の方(暴力団関係者の方であることが分かった時点で強制的に退会していただきます。その後は弁護士に委任状を書き、警察に連絡して対応することになりますので、予めご了承ください。)

 

  上記のような方はご遠慮いただくことがありますが、少しの期間かもしれませんが、『がんばって小論文試験を受けて合格したい!という強い気持ちがある人』は応援しますので、入塾した際には一緒にがんばりましょう。

 

 

追伸

 

 この文和会という塾は、時間が無い人にこそお勧めです。あなたが他の科目で忙しい場合や、他の塾や予備校を利用しており、時間が無い場合にこそ、お使いください。多くの生徒さんは、月に数時間だけ小論文の勉強をやります。文和会の授業も月に数時間です。見たくない授業は見なくてもOKです。必ず通わなければならない塾ではありません。 通塾の時間が必要ありません。むしろあなたが移動している時に見ることができる授業もあり、DVDの倍速再生の機器があれば、倍速再生できるでしょう。このようにほとんど時間がかかりません。時間がかからないけれども、大きく点数を上げることを期待できるのが、この塾(文和会)の特徴です。以上が塾の説明です。 このように詳しくご説明してきましたが、もしも空き枠が無くなった場合は申し訳ありません。牛山が一人一人丁寧に見ていく塾ですので、定員の枠には限りがあります。あらかじめご了承ください。

 

 

 

株式会社ディジシステム 代表責任者

スキルアップコンサルタント

 

 

 

 

 

資料請求・お問い合わせ・お申し込みをされたい方は、以下の各ボタンをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 お電話でのお問い合わせは、文和会のホームページを見たのですが・・・とお電話ください。