慶應大学SFC:環境情報学部学部 2003年小論文過去問題の解説

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!
~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報です。メールマガジンではサービス・役務のご案内もあります。その為に無料提供となっています。プライバシーポリシーはこちら・メルマガ解除はこちら

このページでは、メルマガで流した慶應大学の文系学部の小論文問題の解説を掲載しています。 慶應クラスでは、構造ノートや構造議論チャートを使ってもっと詳しく細かく各学部の過去問解説を動画で行っています。

2003年度 慶應大学環境情報学部 小論文問題解説

 

※問題解説メルマガ(牛山の慶應小論文過去問題解説)の内容をご紹介します。

 

 

 

こんにちは。
牛山です。

 

本日は、2003年環境情報学部、過去問題解説です。
この年は以下のような問題が出ています。

 

 

問題

 

フリーエージェントスタイルが日本にも根付くか、あなたの意見を自由に述べなさい。(600字)

 

今回の問題については、膨大な量の資料が出ています。多くの受験生の疑問は、すべて読まなければならないかどうかのようです。

 

結論から言いますと、目を通す必要はありますが、じっくりとゆっくりすべてを読む必要はありません。

 

ポイントを抑えていくように、読みましょう。

 

頭の働かせ方は、(何が大切なポイントか?)です。フリーエージェントについてよく知らなかった場合は、資料の中で解説されているので、まずはフリーエージェントとは何かを把握しましょう。

 

大体把握すればOKです。

その上で、この問題では、フリーエージェントが日本に根付くかどうか(広がるかどうか)を問うているわけですから、今度は、フリーエージェントが、日本で広がるかどうかの判断基準を探すように読んでいきます。

 

ただし、SFCの問題は、一般的な小論文の説明問題のように、解答要素の拾い集めではあまり解くことができないように設計されていることが多いので、目を皿のようにして、答えを探そうとしても、答えは資料の中にありません。(そういう説明問題系の問題が今後絶対に出ないということではないので、気をつけてください。念のため。)

 

大体役立ちそうな情報を拾ったら、あとは自分の常識をフル回転させて、考えるしかありません。

 

ここで、重要な情報を見つけることができない人は、単にネガティブに考えすぎており、何も見つけられない、ダメだ、何もできない、できやしないんだと強く思い込んでいることも少なくないので、注意してください。

 

同じだけ大事な情報をつかんでも、(ぜんぜん見つけられないから、自分なんて本当にダメで何もできやしないし、絶対に合格なんてできないんだ)と考えている人もいれば、(まあ、こんなもんだな)と楽に構えている人もいます。

 

言い換えると、状況は同じなのに、希望に満ちている人と、絶望している人がいるということです。物の考え方は大切です。ネガティブに考えても手と頭がストップするだけなので、やれる範囲でやっていくことも大切です。深刻ぶっても何もいいことはありません。

 

時に、親切な忠告は、人を殺すように、ダメにしてしまうことがあります。例えば、「こうやって、次にこうやって、そしてこうやって解くと解けるんだよ」と言う人がいたとします。このようなアドバイスを聞くと、安心する人がいるでしょう。しかし、不合格になりやすい人です。受験対策の目的を安心することに置いている人がいますが、危険です。安心することではなく、受験対策の目的は合格することでなければなりません。

 

例えば、どういう方法で問題を解けばいいんですか?と質問する人は、万能の解法があると思っています。このような人は、問題をあらゆるパターンに分けることができると強く信じており、そのパターンに分けて、方法を暗記することで対処しきることができるし、そういう方法を覚えていけば、合格できると信じている人です。

 

こういう考えは非常に危険です。小論文は、数学ではありません。答えが一つではありません。このような考えを持つ人は、たったひとつの答えと、正しい解法、間違った解法という図式が頭にあります。小論文試験は、自分なりの紐解き方を見せろと言われる試験であり、考え方が数学と真逆です。

 

従って、
こうやったらいいんですか?
これで間違いがないのですね?
これで受かるのですね?
という思考回路が、根本的に小論文試験にはなじまないところがあると理解しなければなりません。

 

大事なことは、方法と、感覚と、原理と、理論を学んでいくことです。バスケットボールの3ポイントシュートがうまくなりたければ、感覚を把握していかなければならないのと同じで、人は物事を感覚と方法の両方を理解し、記憶することで、うまくやることができるようになります。方法だけではあなたが抱える問題は解決しません。

 

文章を具体的に書くことができない、わかりにくい文章になってしまう、立論ができない、論理に穴がある、大事なポイントを見つけることができない、速く読めない、理解ができない、などの問題が、今までにありませんでしたか?

 

あなたが、トップの成績を取ることができない原因は上記のリストにあることが多いのですが、これらは、方法では解決しません。

 

私が、小論文を学び直すのなら、私が書いた本をもう一度読んでみることをおすすめするという理由はここにあります。

 

自分なりの紐解き方ができるようになるには、物事の「状況分析」が上手にならなければなりません。ところが、時々、ごく稀に小論文の世界では、状況分析ではなく、原因の推測が推奨されてしまっています。原因を推測しても意味がありません。

 

例えば、今回の問題の場合、未来のことを問われていたわけですが、フリーエージェントがどうなるのかについての原因は何か?と考えても、陳腐な考えしか出てきません。

 

大事なことは、フリーエージェントに関する本質とは何か?ということです。

 

例えば、トランプ大統領が、難民を受け入れない原因は何か?と問うても、まともな政治についての考察ができないのと同じです。難民を受け入れないのは、きっとトランプの人格が破綻しているからだとか、合理的な考えの持ち主だからだなどと考えてみたところで、(だからなんなんなん?)という話になり、何の問題の解決にもなりません。言い換えれば、原因至上主義思考というのは、パブロフの犬のように問題解決≒原因考察という条件反射であり、思考停止状態と言っても過言ではありません。要は実態を把握できなければ意味が無いのです。

 

例えば、こんな風に考えてみるとどうでしょうか。

 

人が働く歴史を数千年分考えてみた場合に、人の行動原理とはどのようなものだったか?

 

因子や前提ばかりを考えていた人は、感覚的にこのようなことに思いが至りません。考える方法を教えてほしいと思っている人は、頭のなかにイメージがないことが少なくありません。

 

人は、物事を言葉かイメージで考えます。言葉だけを使って方法で考えようとすると、思考力がダウンします。イメージも使って考えると思考力がアップします。

 

私がいつも思考法の指導の際に言っていることですが、最初に感覚的にイメージで考えます。その後に言葉で考えてください。最初から方法で考えようとしたり、特定の議論を整理しようとしたりすると、思考力が低下します。言葉だけで考えてしまうためです。

 

それでは、解答例をご紹介します。

 

 

このような問題について、解き方で対処しようとしても仕方がありません。自分の頭で考えていくことが大切になります。

 

【設問1 解答例】

 

 アメリカのフリーエージェントスタイルは、日本に根付くのだろうか。私は、日本でフリーエージェントスタイルは、根付くと考える。  上記のように私が考える主な理由は、大きく3つある。第一の理由は、フリーエージェントスタイルは、リスクを必要としないためである。会社員として働きながら、自宅で会社には内緒で働く人もいる。就業規定から言えば、原則として解雇の対象になる働き方である場合が多いが、地下経済のように、労働力は取引の対象となるため、市場が出来上がる。第二の理由は、収入を得たい人が多数存在することである。我が国における社会不安は大変大きなものである。少子高齢化は急速に進み、年金額は大きく減額されていくことが予想される。普通に生きていくことが極めて難しい社会が到来するため、余暇を犠牲にして働く人が増加すると考えられる。第三の理由は、ネットのインフラが整うことである。何らかのスキルを持っているフリーランサーとつながるプラットフォームが充実すればするほど、手軽に多くの企業がフリーランサーを利用することが可能となる。

 以上3点の理由より、私は、フリーエージェントスタイルは日本に根付くと考える。

 

 

【ポイント】
・ピラミッドストラクチャーなどの、強力な論理構築法を用いて、ガッチリと立論すること。
・単に意見の連発、仮説のオンパレードにならないこと。

 

 

【設問2】

 

資料の内容を少なくとも8つ用いて、設問1の解答を論証しなさい。

 

 

資料を見ると多くの資料があることに気づきます。

 

論証しなさいという要求ですから、データが理由を支える構図を理解している人には簡単だったでしょう。「慶應小論文合格バイブル」には、ピラミッドストラクチャーが紹介されています。私はこのピラミッドストラクチャーを日本で初めて、小論文の分野に持ってきました。(2012年5月)

 

ピラミッドストラクチャーというのは、仮説を支える論理構造が、図式化した場合ピラミッドのように見える文章構造のことです。具体的には、「私は◯◯だと考える。」「理由は3つある。」というような書き方のことです。

 

一つの理由の中に3つほどデータを入れれば、論理が完成します。今回の問題の場合、以下のように解答を作ればよいことになります。

 

【設問2 解答例】

 

 設問1の解答における仮説について、資料を用いて、以下の通り論証を試みる。私の仮説が妥当であると考えられる理由は、資料の内容を整理した場合、大きく以下の3点である。
 第一の理由は、起業をするような働き方になんら障害がないことである。フリーランスで働くには、必ずしも会社を辞めなければならないわけではない。従来の社会では、起業しなければ新しい収入を得ることができなかった。しかし、これからの時代は違う。自宅にいても仕事は「フリーランスサイト」から得ることができるようになる。資料4-3を見ると、独立阻害要因の内、以下の3点が大きな阻害要因となっている。1)収入が不安定になるから。2)独立できるようなノウハウがない。3)独立に必要な資金がない。これらの阻害要因は、将来的には、自宅で「フリーランスサイト」から仕事を取ることができる類いの職業についている人の場合、存在しなくなる。第二の理由は、働き盛りの世代におけるより良い職場への転職希望者が増加傾向にあることである。この現象は、換言すれば収入や職場環境を積極的に改善したい人の増加である。「4-6大卒男子の就職意識」、「4-7大卒女子の就職意識」、「4-8ビジネスパーソンの就職意識」の資料は、どれもより良い職場を求める回答が近年上昇傾向にある。第三の理由は、転職希望理由が、フリーエージェントスタイルに合致していることである。ビジネスパーソンの転職をしたい理由の上位は以下の3点である。1位:給与が良くないから。2位:自分にあった仕事を見つけたいから。3位:自分の能力を十分に発揮できる会社に移りたいから。これらの希望はフリーランサーとして活動することですべて解消できる。

 以上3点の理由より、フリーエージェントスタイルは、日本に根付くと私は考える。

 

 

原因は、「原因を書け」と求められた時に書きましょう。状況を正確に把握することが分析なのであり、色々勝手に思いを巡らせて、原因を思いつくことが分析ではありません。分析をしているなどと表現すればかっこうはいいですが、言葉尻で考えないことが大切です。

 

 

 

無料メルマガでも、慶應大学の小論文を詳しく解説しています

 



~なぜメルマガに登録するのがお勧めなのか?~
1.慶應受験と学習のスキルアップに詳しい人に教えてもらうので、成長しやすい。
2.点数が短期間で大きく引きあがった指導をうけることができるので、あなたも点数が上がる事が予想される。
3.慶應受験について多面的に詳しくなるので、合格しやすくなる。
4.お金が一円もかからない。(無料で教えてもらえる。)

 

《合格実績》大学受験だけではなく、大学院受験の合格実績も豊富です。

慶應大学合格/慶應大学大学院合格/北海道大学大学院合格
東京工業大学大学院合格/上智大学合格/早稲田大学合格/京都大学合格など


~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報ですが、メルマガにはサービス・役務のご案内もあります。その為無料で提供しています。

プライバシーポリシーメルマガ解除

 

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!

 

メルマガ以外でも、ツイッターやラインで情報提供しています!⇓⇓

 

ライン↓↓(スマホで閲覧)

友だち追加数

ライン↓↓(PCで閲覧)

メルマガの内容と重複することもあります。予めご了承ください。



メディア掲載: プレジデントFamilyClub様

 

『慶應大学に我が子を確実に合格させる教育法』

第1回 ⇒「従来の教育法では慶應に益々合格しにくくなる」

第2回 ⇒「慶應大学合格に必要な要素と中核」

第3回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(前編)」

第4回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(後編)」~「受け身の学習」から「攻めの学習」に変化させる~

第5回 ⇒「慶應小論文対策で失敗しないための根本的対策」

第6回 ⇒「信頼関係と素直な心で慶應受験に強くなる」

 

 

慶應クラスの資料請求・お問い合わせ

 



PAGE TOP
© 2007 - DIJI SYSTEM