慶應大学SFC:環境情報学部学部 1999年小論文過去問題の解説

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!
~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報です。メールマガジンではサービス・役務のご案内もあります。その為に無料提供となっています。プライバシーポリシーはこちら・メルマガ解除はこちら

このページでは、メルマガで流した慶應大学の文系学部の小論文問題の解説を掲載しています。 慶應クラスでは、構造ノートや構造議論チャートを使ってもっと詳しく細かく各学部の過去問解説を動画で行っています。

1999年度 慶應大学環境情報学部 小論文問題解説

 

※問題解説メルマガ(牛山の慶應小論文過去問題解説)の内容をご紹介します。

 

こんにちは。
牛山です。

 

本日は、1999年度 慶應大学環境情報学部小論文過去問題解説です。

 

問題1

 

21世紀に予想される問題について書け

 

【問題1 解答例】

 

 21世紀には、どのような問題が予想されるだろうか。私は資本主義経済が限界を迎えると考える。かつて物々交換の経済活動が主流であった時代から、資本主義経済が発展した西欧では、資本による経済システムによる爆発的な経済発展の後、大きく経済が衰退した。その最大の理由は、潤沢な資金が投資される先が無くなったためであると言われている。かつての資本主義黎明期から、1000年近くの時が流れても、この原理原則は変わらない。高度に発展した金融資本主義は現在限界を迎えようとしており、我が国のデフォルトも懸念されている。
 一方で、先進国のほとんどがそうであるように、貨幣は不足していない。我が国も国民の資産は1000兆円を超えると言われている。また金融機関が保有する潤沢な資金もその投資先を失っている。現代社会が直面しているのは、資本主義経済が本質的に内包している投資哲学と投資ゲームのなれの果てである。資本主義は、信用創造活動の後、投資が繰り返され、最後は蓄積した資本が行き場を失う構造を内包している。

 

 

 

課題文の中のキーワードは、「成長の限界」です。

 

ズルズルと長い文章ですが、目を皿のようにして、一言一句読んでも意味がありません。

 

ささっと課題文を読み、趣旨を把握しましょう。

 

どのような趣旨と問題意識で書かれた文章なのかを把握する方が、一文を理解するよりも100倍大切です。

 

問題2

 

上記の問題解決のために、どのような見方や方法が必要なのかを書け

 

【問題2 解答例】

 

 貨幣経済の限界を見極めることを私は提案したい。資本主義経済下では、貨幣が唯一の交換価値として循環することで経済システムが成立している。しかし、現代社会は、インターネットが高度に普及し多くの人がつながる時代となった。このような社会にあっては、人の労力、知恵、時間、気持ちなどですら、循環価値を持ち始める。良い事例がレディーフォーなどの投資応援サイトや、マッチングサイトである。信用に裏付けられた貨幣を仲立ちとする社会システムは近いうちに部分的に崩壊していくと考えられる。その際に重要になるのは、「人と人との間に存在するつながり」である。従来は貨幣を仲立ちとしたマーケティングも、人のつながりがあれば、大幅なコストカットができる。消費者は、販売者となり、生産者となることができる。換言すれば、分業により成立していた資本主義経済は、過去の遺物になる可能性があるということだ。
 ピクシブなどのイラストレーター参加型サイトや、動画配信サイトがユーザー参加により成立している現状が資本主義経済とリンクする日が必ず来ると私は考える。

 

あまり月並みなことは書かないようにしましょう。いわゆる問題解決の「一般論」を大学側は聴きたいわけではありません。

 

まったく今までに聞いたことも無いような視点を提供できれば、それだけ評価されやすくなります。

 

思いつかない場合は、読書量などが少ない可能性が大です。過去問題に何百年分取り組んでも、頭の中がスカスカではどうしようもありません。ラッキー合格を狙わないのであれば、しっかりと勉強する必要があります。

 

過去問題に対応すれば合格できると信じている人は、今回の問題などをしっかりと見ることを強くお勧めします。

 

 

問題3

 

上記の内容に関連して、君が大学で学ぶべきだと考える具体的な科目の名称を考え、これらの科目間の関係がわかるように学習の流れを解答欄3に書け

 

【問題3 解答例】

 

 プログラミング、マーケティング概論、実践マーケティング、次世代マーケティング、

 

「プログラミング」:システムの基本理解

「マーケティング概論」:入門的にマーケティングの概念を学ぶ

「マーケティングの実務」:スタンダードなマーケティングを学ぶ

「次世代マーケティング」:貨幣を仲立ちとしない経済のパラダイムシフトを学ぶ

 

基本的な内容、よくありそうな内容と、(それはないだろう)というものをある程度組み合わせることをお勧めします。

 

奇をてらった内容だけにしても評価が著しく下がる可能性があります。

 

他の設問とリンクする内容を提案しましょう。

 

 

 

 

 

 

無料メルマガでも、慶應大学の小論文を詳しく解説しています

 



~なぜメルマガに登録するのがお勧めなのか?~
1.慶應受験と学習のスキルアップに詳しい人に教えてもらうので、成長しやすい。
2.点数が短期間で大きく引きあがった指導をうけることができるので、あなたも点数が上がる事が予想される。
3.慶應受験について多面的に詳しくなるので、合格しやすくなる。
4.お金が一円もかからない。(無料で教えてもらえる。)

 

《合格実績》大学受験だけではなく、大学院受験の合格実績も豊富です。

慶應大学合格/慶應大学大学院合格/北海道大学大学院合格
東京工業大学大学院合格/上智大学合格/早稲田大学合格/京都大学合格など


~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報ですが、メルマガにはサービス・役務のご案内もあります。その為無料で提供しています。

プライバシーポリシーメルマガ解除

 

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!

メディア掲載: プレジデントFamilyClub様

 

『慶應大学に我が子を確実に合格させる教育法』

第1回 ⇒「従来の教育法では慶應に益々合格しにくくなる」

第2回 ⇒「慶應大学合格に必要な要素と中核」

第3回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(前編)」

第4回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(後編)」~「受け身の学習」から「攻めの学習」に変化させる~

第5回 ⇒「慶應小論文対策で失敗しないための根本的対策」

第6回 ⇒「信頼関係と素直な心で慶應受験に強くなる」

 

 

慶應クラスの資料請求・お問い合わせ

 



PAGE TOP
© 2007 - DIJI SYSTEM