慶應大学SFC:環境情報学部学部 1998年小論文過去問題の解説

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!
~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報です。メールマガジンではサービス・役務のご案内もあります。その為に無料提供となっています。プライバシーポリシーはこちら・メルマガ解除はこちら

このページでは、メルマガで流した慶應大学の文系学部の小論文問題の解説を掲載しています。 慶應クラスでは、構造ノートや構造議論チャートを使ってもっと詳しく細かく各学部の過去問解説を動画で行っています。

1998年度 慶應大学環境情報学部 小論文問題解説

 

※問題解説メルマガ(牛山の慶應小論文過去問題解説)の内容をご紹介します。

 

こんにちは。
牛山です。

 

本日は、1998年度 慶應大学環境情報学部小論文過去問題解説です。

 

問題

 

表現行為とメディアの関係について、自分なりの考えを述べなさい。

 

 

今回の問題では、芸術性の高い考察文がいくつか紹介されています。ただし、、、、SFC受験に関してはよくあることですが、これらはパパパッと読み、何を言いたいのかを把握することが大切です。

 

目を皿のようにして、一言一句読んでも合格しません。

 

それよりも、ここで求められていることは、俯瞰した物事の見方です。

 

巨視的な視点で見た場合、どの様なことが言えるのかを考える必要があります。

 

何も書くことがありません。
調べていないので分かりません。
教えてもらっていないので、できません。

 

という類の言い訳は無しです。

 

今回の問題の答えはどこにもありません。

 

知らなければ一発でアウト・・・というような受験のやり方をしないことが大切です。

自分の目で見て、自分の頭で考えましょう。

 

私たちは日々多くのメディアに触れています。

それらのメディアについて考えるだけでも、今回の問題は対応可能です。

 

それでは、さっそく解答例を見てみましょう。

 

【解答例】

 

 表現とメディアの関係とはどのようなものだろうか。
 メディアは、思想を反映するツールであり、その意味で、メディアと表現の関係は、表現手段であるメディアと、表現される対象の関係にあると私は考える。これらの表現活動の背景には、特定の思想が存在する。
 どのようなメディアも、思想を反映している。グーグルというメディアは、「すべての情報をユーザーに届けるという思想」を持っている。その思想は、創業当初から一貫しており、グーグルのアルゴリズムは、何度も変化を加えられてきた。グーグルは目先の利益よりも、ユーザーの便益を優先している。一方で、アマゾンというメディアは、利益を重視する。同社はユーザーの便益や権利関係を一定程度無視しても、商業プラットフォームとして成立することを優先する。その結果、そのメディアに書かれた情報(レビューなど)が一定程度自作自演や、ネガティブキャンペーンなどの虚偽情報により充実しても、よしとする態度を取っている。アマゾンへの書き込みが増えればそれだけ自社が潤う構図がある。この2社は、情報をユーザーに届けるメディアの性質は同じでも、思想が真逆である。
 良いことをすれば必ず良い結果が導かれるわけではないため、どちらの企業がよい活動をしているのかについて、意味づけをすることは難しい。どちらの企業も社会に貢献していると解釈することはできるだろう。
 思想、表現、表現手段としてのメディアという3者の関係をさらに俯瞰して考察した場合、それらの成果物としての表現内容を享受するユーザーが、時代ごとにメディアを評価する構図が存在する。30年後に、アマゾンが残るのか、グーグルが残るのかは、ユーザーが決めることである。時間の経過と共に、ユーザーがより一層利用した企業は栄える。
 上記の考察をまとめれば、表現と表現手段としてのメディアは、鏡とその鏡に映る自分自身のような関係にあると言える。常にメディアは、ユーザーのニーズに関心を払い、ユーザーが求めるものを提供する。ユーザーが求めるものと、同一化を図ろうとするメディアは、そのアイデンティティーとして、特定の思想を有している。
 以上、私は表現とメディアの関係は、鏡とその鏡に映る自分自身のような関係であると考える。この際に「自分が信じる価値のある思想を反映させたコンセプトなど」がメディアの姿を形作っていくのである。

 

 

 

 

 

 

無料メルマガでも、慶應大学の小論文を詳しく解説しています

 



~なぜメルマガに登録するのがお勧めなのか?~
1.慶應受験と学習のスキルアップに詳しい人に教えてもらうので、成長しやすい。
2.点数が短期間で大きく引きあがった指導をうけることができるので、あなたも点数が上がる事が予想される。
3.慶應受験について多面的に詳しくなるので、合格しやすくなる。
4.お金が一円もかからない。(無料で教えてもらえる。)

 

《合格実績》大学受験だけではなく、大学院受験の合格実績も豊富です。

慶應大学合格/慶應大学大学院合格/北海道大学大学院合格
東京工業大学大学院合格/上智大学合格/早稲田大学合格/京都大学合格など


~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報ですが、メルマガにはサービス・役務のご案内もあります。その為無料で提供しています。

プライバシーポリシーメルマガ解除

 

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!

メディア掲載: プレジデントFamilyClub様

 

『慶應大学に我が子を確実に合格させる教育法』

第1回 ⇒「従来の教育法では慶應に益々合格しにくくなる」

第2回 ⇒「慶應大学合格に必要な要素と中核」

第3回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(前編)」

第4回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(後編)」~「受け身の学習」から「攻めの学習」に変化させる~

第5回 ⇒「慶應小論文対策で失敗しないための根本的対策」

第6回 ⇒「信頼関係と素直な心で慶應受験に強くなる」

 

 

慶應クラスの資料請求・お問い合わせ

 



PAGE TOP
© 2007 - DIJI SYSTEM