慶應大学SFC:環境情報学部学部 1997年小論文過去問題の解説

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!
~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報です。メールマガジンではサービス・役務のご案内もあります。その為に無料提供となっています。プライバシーポリシーはこちら・メルマガ解除はこちら

このページでは、メルマガで流した慶應大学の文系学部の小論文問題の解説を掲載しています。 慶應クラスでは、構造ノートや構造議論チャートを使ってもっと詳しく細かく各学部の過去問解説を動画で行っています。

1997年度 慶應大学環境情報学部 小論文問題解説

 

※問題解説メルマガ(牛山の慶應小論文過去問題解説)の内容をご紹介します。

 

こんにちは。
牛山です。

 

本日は、1997年度 慶應大学環境情報学部小論文過去問題解説です。

 

今回の問題は次のようなものです。

 

問題

 

来るべき21世紀の社会における「知識」と「情報」の関係について、1000字以内で論じなさい。

 

 

 

上記のような問題なのですが、資料が4つ与えられており、

 

これらの資料のそれぞれの論点に必ず言及しながら・・・

 

という条件がつけられています。

 

従いまして、基本的には絶対にやらない方がいいのですが、

 

資料1の内容、
資料2の内容、
資料3の内容、
資料4の内容、

 

というように、列挙していきましょう。

 

それでは、解答例をご紹介します。

 

【解答例】

 

 21世紀における知識と情報の関係とはどのようなものだろうか。以下に与えられた資料を基に、21世紀の知識と情報の関係について検討を加えたい。
 資料1では、デジタルコミュニケーションがユーザーにとって脅威となる可能性について言及しつつ、勇気をもって、人間社会にとって利点となる課題に取り組むことを推奨している。
 資料2では、ネットワークが次世代の中心的な社会システムとして機能すると予言されている。
 資料3では、現行の情報化社会が、情報最大、叡智最少の形を取っていることが指摘されている。
 資料4では、ネットワークの中から創造的なものが出てくるという掛け声のわりに、世の中に出ているものは意外と貧困であるとの指摘が成されている。
 上記の資料の考察をまとめれば、人類が構築した情報ネットワークは、大きな可能性がある一方で、現在はまだその力を発揮できていないと表現できるだろう。
 私は上記の考察内容に賛成である。インターネットが普及してずいぶんと時が過ぎたが、まだまだ情報革命の黎明期であると、私は認識している。その最大の理由は、現行のネットシステムは、実質的なデータベースに過ぎないからである。グーグルで検索すれば、ほぼ無限の情報が出てくる。アマゾンで検索すればほぼすべての書籍が出てくる。しかし、これらはすべて単なるデータベース情報に過ぎない。どのようにこれらの情報が有機的に関連し、付加価値が生み出されるのかについては、十分な考察も無ければ、知的財産権による保護も無いのである。
 真に情報革命が起こるのは、単なるデータベースシステムから、特定の付加価値を生み出すシステムがそこに組まれ、情報が統合的に利用されるようになった際であると私は見ている。このような情報革命は段階的に起こると私は考える。その理由は、情報が有機的かつ統合的に利用される仕組みは、プログラムで複数種類作ることができるためだ。
 以上、21世紀における知識と情報の関係とは、プログラムを仲立ちとした、統合的なソフトウェアの関係に収まると私は考える。

 

 

 

ポイントは、当たり前すぎることを書かないことです。
やはりここでも、ある程度巨視的な視点で物事を見ていくことが大切になります。

 

また、普段の生活の中で、他の人とは違ったものの見方をすることも大切にしましょう。
他の人と違う内容にしようとする必要はありません。
ただ、他の人に同調せず、他の人の先入観に従わなければいいのです。

 

多くの人は、インターネットという言葉に対して、情報漏えいという言葉が、パブロフの犬のように出てきます。

 

大企業=安心

 

というような図式も似たようなものです。

 

今はアマゾンが巨大な企業ですが、20年後にはもうほとんど力を失っているかもしれません。

 

今後3年以内に戦争になると思いますか?

と質問すると皆「思いません」と答えるそうです。

 

「ではなぜですか?」

 

と質問すると、

 

「分かりません」

 

と皆一様に答えるそうです。

あまり考えていない証拠です。

 

このように、私たちは知的に怠惰になると、考える力を失っていきます。

 

物事をあるがままに見て、

 

自分の目で見て、自分の頭で考えましょう。

 

 

 

 

 

無料メルマガでも、慶應大学の小論文を詳しく解説しています

 



~なぜメルマガに登録するのがお勧めなのか?~
1.慶應受験と学習のスキルアップに詳しい人に教えてもらうので、成長しやすい。
2.点数が短期間で大きく引きあがった指導をうけることができるので、あなたも点数が上がる事が予想される。
3.慶應受験について多面的に詳しくなるので、合格しやすくなる。
4.お金が一円もかからない。(無料で教えてもらえる。)

 

《合格実績》大学受験だけではなく、大学院受験の合格実績も豊富です。

慶應大学合格/慶應大学大学院合格/北海道大学大学院合格
東京工業大学大学院合格/上智大学合格/早稲田大学合格/京都大学合格など


~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報ですが、メルマガにはサービス・役務のご案内もあります。その為無料で提供しています。

プライバシーポリシーメルマガ解除

 

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!

メディア掲載: プレジデントFamilyClub様

 

『慶應大学に我が子を確実に合格させる教育法』

第1回 ⇒「従来の教育法では慶應に益々合格しにくくなる」

第2回 ⇒「慶應大学合格に必要な要素と中核」

第3回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(前編)」

第4回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(後編)」~「受け身の学習」から「攻めの学習」に変化させる~

第5回 ⇒「慶應小論文対策で失敗しないための根本的対策」

第6回 ⇒「信頼関係と素直な心で慶應受験に強くなる」

 

 

慶應クラスの資料請求・お問い合わせ

 



PAGE TOP
© 2007 - DIJI SYSTEM