慶應大学SFC:環境情報学部学部 2013年小論文過去問題の解説

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!
~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報です。メールマガジンではサービス・役務のご案内もあります。その為に無料提供となっています。プライバシーポリシーはこちら・メルマガ解除はこちら

このページでは、メルマガで流した慶應大学の文系学部の小論文問題の解説を掲載しています。 慶應クラスでは、構造ノートや構造議論チャートを使ってもっと詳しく細かく各学部の過去問解説を動画で行っています。

2013年度 慶應大学環境情報学部 小論文問題解説

 

こんにちは。 牛山です。

さて、今日は、環境情報学部の過去問 題解説です。

【1】概要


この年の環境情報学部の問題はやや、 変則的なものでした。 いわゆる身体知と呼ばれる能力をいか にして獲得していくかを考える問題で した。

変わった問題ですね。 私達の知を「知の象限」と名付けられ たマトリックス上に落とし、どのよう な種類の知なのかを考えた上で、その 知を獲得する方法を考えることを要求 されています。

身体知がどのように獲得されたのかに ついて述べた後、その知を獲得する別 の方法が無かったかを考えるという問 題です。

面白いですね。

【2】解答例と解説(概略)

(1) 【問1 解答例】

  象限・・・Ⅰ

 私は空手を部活で学んでいた。空手 のスキルを引き上げるには、一般的に 基本動作を学び、基本動作を繰り返す ことを通して、基本を固める。その後 組手等を通して実戦形式の中で適応力 を引き上げていくのが一般的である。 基本動作の動きを繰り返すことで、 無意識のレベルで体が動く状態にな る。俗に、「体が動きを覚えている」 という状態である。その後、間合いの 詰め方、間合いの取り方等を組手で学 ぶことにより、致命打となる打撃を相 手に打ち込むという目標に基本動作が つながる。この段階的な身体知獲得を さらに実践的なものにするには、本来 の最終目標である致命打となる打撃を 打ち込む基本動作を「間合いを取り、 詰める」という一連の流れの中に組み 込むという別の方法が考えられる。従 来は基本動作と間合い取りからの打撃 という一連の流れが別に存在すること による身体知獲得の障害があったが、 このトレーニングによりこの障害を取 り除くことができる可能性があると考 えられる。



(2) 解説


今回の問題は、慶應大学の環境情報学 部で出題されていますので、何らかの 問題を発見し、解決することを間接的 に求められていると考える必要があり ます。

従って、意見提示の部分では、一定程 度でもいいので、新規性がある意見を 述べることが大切です。

(3) カンタンな内容でご紹介しました


今回の解答例はあえてかなりカンタン な内容にしています。

このような身体知獲得の問題について は私自身の研究テーマでもあり、大学 院で研究を行い、統計解析後、P値を 出し、実験は成功していますので、詳 しく書こうと思えばそういう内容も書 くことはできますが、大学受験生の 参考にはあまりなりませんので、あえ て、誰でも書けそうな内容にしました。

よく受験生と話をしていると、「自分 には知識がないからダメです。」と 言っているのを耳にします。 本当にそうかな? と思うんですね。

まずは自分がやっていた部活などを思 い出し、今回のような問題は書いてみ ればいいでしょう。

何も、小難しく書けばいいというわけ でもありません。

また、よく今からでも間に合います か?というご質問ももらいますが、 頑張れば十分勝負できると思います。 今までいろいろな生徒さんを見てきて そう思いますよ。

(4) 問2と3について


今回のウェブ版の解説では、問2と3 の解答例はあえて掲載しませんでした。

いつも、すべての詳細な解説ではなく ちょっとしたポイントのアドバイスを 行う形になっていますが、問2の解答 例の内容は、チョット過激なので、 ウェブでは伏せることにしました。

空手の練習については、私は基本的に フルコンタクトの実戦的な内容が大事 だと思っていますので、その手の方向 性だと思ってもらっても大丈夫です。

露骨に書くことで、環境情報学部の場 合評価が上がることもあるので、その 微妙な方向性についても、塾では 動画である程度勘所を話します。

大体においてあまり私は形骸化した内 容で意見を述べることや考えることが 好きではありません。

従って、例えば議論力の養成を行う 授業でも、いわゆるブックマートな 議論のやり方と、ストリート・スマー トな議論のやり方を両方とも解説して います。

(慶應SFCの専用クラスや、速読情報 活用塾という塾で指導する内容。)

一般的には議論と言えば、議論のやり 方によって、より良い議論を行うこと ができると言われますが(大学では 特にその前提に立たなければ、大学教 育そのものを正当化できなくなるので そういう意見が支配的になりがちで す。)実社会ではそんなことはありえ ません。

やや厳しい言い方をしますと・・・

そういう議論はたいていおためごかし の議論ごっこになるか、あるいは仲良 しクラブになるか、適当にお茶を濁す 形になるものです。

その様な話し合いや会議の話を聞いた 事がある人も多いと思います。 問題は、ここまでにお話したことでは なく、これらの現象に対してどんな意 味付けも好き勝手にできるということ です。

従って、自分の感情が満足する意味付 けを行い、人は心理的に優位に立とう とします。

そういうことに意味を私はあまり感じ ません。

上記のような事情から、今回問2と3 の解答例については伏せることにしま した。

慶應クラスの塾生さんは、動画と解答 例を見ることができます。細かく事例 とセットで解説しています。


【4】編集後記



そういえば、空手部と言えば、恐怖の 時計台を思い出します。

空手部員たるもの、声が大きくなけれ ばならないという、意味不明な理由で 大きな声で「押忍」と言えるように なるまで、(というか、単に先輩の OKがもらえるまで)声出しをするとい う悪魔の様な伝統が空手部にはありま した。

学校の時計台の遥か先で、米粒のよう に見える遠くにいる先輩に向かって、 一人ずつ「押忍!!!」と言うのです が、向こうの方で、ニコニコしながら 先輩が悪魔のような笑顔で、バツとか 手をクロスさせて表現するんですね。

そうすると、マルが出るまでひたすら 「押忍!!!」と言うことになります。

テニス部の女の子にクスクス笑われな がら、「押忍!!!」と叫ぶ悪魔の ような練習。

意味なかったのかというと、どうなの でしょうね。

ちょっと意味があるのかもしれませんね。 「声を出す」ということが、どのよう に試合のパフォーマンスに影響するの か・・・このあたり、あまり研究され ていないのかもしれませんが、誰かし ら研究すると面白いかもしれません。

私の母校でもある西大寺高校という 高校は、剣道が強い高校だったんで す。全国大会のベスト8は常連的な 高校で、日本一にもなったことがあ るんじゃないかな。。

特にすごいのは、女子でして、同じ 道場で練習しますが、(空手部より も剣道部の方が、有名なので、使用 権がなぜか強いと思います。)この 女の子の気合を入れる声が西大寺は すごいのですよ。

「ちぇりりいぁあああーーー!!」

とか

「きぃぇあああぁぁあああ!!!」

など、かなりの程度相手が縮みあ がるであろう、気合を入れます。

強さと声出しになぜかしらチョット 相関がある・・・

しかしながら、相関はあっても因果 はないかもしれないですよね? このあたりの論理関係の考察に強く なると、慶應大学は合格しやすいで すよ。

そこでそういう授業も塾で行います。

ちなみに、牛山は1年でレギュラー だったのですが、声出しというよ りも、別の理由でした。

そして、先鋒でした。つまり、団 体戦におけるムードメーカーだっ たのですが、なぜ私が先鋒になる と、仮に第一試合で負けても勝ち ムードになるのかということに つきましては、メルマガではチョ ットお伝えできないので、これも 申し訳ないですが、個人的に希望 があれば、お話します。

・メンタル面 ・声出し ・ムード ・パフォーマンス

このあたりは、とても大きな関係が ありそうですね。

ところで、編集後記でお伝えした 時計台の声出しについてですが、 ま、ハッキリ言って、マルとバツには なんの根拠もなく、先輩たちの楽しい 後輩いじりの時間なのでした。

 

無料メルマガでも、慶應大学の小論文を詳しく解説しています

 



~なぜメルマガに登録するのがお勧めなのか?~
1.慶應受験と学習のスキルアップに詳しい人に教えてもらうので、成長しやすい。
2.点数が短期間で大きく引きあがった指導をうけることができるので、あなたも点数が上がる事が予想される。
3.慶應受験について多面的に詳しくなるので、合格しやすくなる。
4.お金が一円もかからない。(無料で教えてもらえる。)

 

《合格実績》大学受験だけではなく、大学院受験の合格実績も豊富です。

慶應大学合格/慶應大学大学院合格/北海道大学大学院合格
東京工業大学大学院合格/上智大学合格/早稲田大学合格/京都大学合格など


~メールマガジンについて~
メールマガジンでは、慶應大学に特化した情報をお届けします。小論文の点数を上げる秘訣や、記憶量を増やすコツなどの情報ですが、メルマガにはサービス・役務のご案内もあります。その為無料で提供しています。

プライバシーポリシーメルマガ解除

 

慶應大学絶対合格情報
ここでしか手に入らない慶應合格・不合格情報、暗記法、思考法小論文対策を無料提供!

メディア掲載: プレジデントFamilyClub様

 

『慶應大学に我が子を確実に合格させる教育法』

第1回 ⇒「従来の教育法では慶應に益々合格しにくくなる」

第2回 ⇒「慶應大学合格に必要な要素と中核」

第3回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(前編)」

第4回 ⇒「慶應大学合格に有効な受験対策(後編)」~「受け身の学習」から「攻めの学習」に変化させる~

第5回 ⇒「慶應小論文対策で失敗しないための根本的対策」

第6回 ⇒「信頼関係と素直な心で慶應受験に強くなる」

 

 

慶應クラスの資料請求・お問い合わせ

 



PAGE TOP
© 2007 - DIJI SYSTEM